治療家しか知らない妊婦さんの腰痛をスグに楽にする方法

a1150_001225_m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛で来院される妊婦さんが最近多くなってきました。
妊娠中の腰痛は普通の腰痛とどう違うのでしょうか?

 妊娠中の妊婦さんの腰痛を引き起こす主な原因には、

 

ホルモンバランスの変化

お腹が大きくなることによる重心の変化」があります。

 

 妊娠初期には「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになっていきます。


このリラキシンは「出産の際に赤ちゃんが骨盤の間を通過できるようにする
働きをします。

つまり骨盤にある靭帯を緩くする効果があります。

 

 骨盤にある靭帯が緩まると、骨盤周辺の関節が不安定になりますね。

 

骨盤や腰周りの筋肉に大きな負荷がかかり
筋肉の緊張はコリを引き起こし、
血流が悪くなるのです。

 

血流の悪化で疲労物質がその部位に溜まっていくので
腰痛を引き起こしやすくなります。

 

 次に、お腹が大きくなっている妊娠後期には、
体重の重心が変化することによって腰痛が引き起こされます。

 

お腹が大きくなると、重心が前にかかります。

バランスをとろうとして腰が反った状態になってしまいます。

 

 腰の周辺の靭帯や関節、筋肉などに負荷がかかり、
腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

 ではどうすれば腰痛が楽になるか・・・・・・

 腰にかかる負担を軽減し、血流を促進する工夫をすること」が大切。

 

 妊娠中の腰痛を楽にするためには、

 

  • 腰に負担のかかることを避ける。 
    重いものを持ったり、長時間同じ姿勢でいるなど
  • 腰がリラックスしている状態で定期的に休息をとる
  • 妊婦さん用の腰痛ベルトや帯を利用する
  • 良い姿勢を意識して生活する
  • 立ち上がる時など負荷がかかる時は足を閉じて動作する
  • 妊娠前に腹筋や背筋等体幹を鍛えておく

 

腰に負担のかからないように気をつけて生活をしていくことで、
腰痛を予防していくことができます。

 

妊娠中も軽い運動を行い、血流を促進するように心がけましょう。

 

  • マタニティヨガ
  • ストレッチ
  • ウォーキング
  • 水中ウォーキング

 

運動をする際には産婦人科の医師と相談してくださいね。

 

 妊娠中の腰痛に対する施術は骨盤を整え
筋肉の緊張を取り血行を良くしていきます。


腰痛に悩まれていればぜひ参考になさってください。

 

-------------------------ーーー

【玉名市の整体マッサージ】やさしい整体・からだの時間】

健康教室開催中

  毎月第2・4日曜日 13時~14時

 

定休日 毎週木曜日

 熊本県玉名市築地字大坪175-1 ピアライフ築地201

 TEL 0968-73-2554

  ホームページを見て とお電話ください。

  ---------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ